ちば銚子熱中小学校

第3期(2021年10月~2022年3月)募集中!

もういちど7歳の目で
世界を…
Slider
オープンスクール
募集要項|第3期生徒募集中
2021年4月~9月
   第2期 開催中!
前後泊プラン

地方と首都圏のソーシャル社会塾:人づくりから地方創生

熱中小学校は、廃校・空き施設を利用して、皆さまに出会いと学びを提供する場です。 2015年10月に山形県高畠町ではじまり、現在全国で600名を超える社会人生徒が一緒に学んでいます。 「熱中小学校」の名前の由来は、高畠町の会場となっている校舎が1970年代に放映された水谷豊さん主演のテレビドラマ「熱中時代」のロケで使われたことや、大人が「もういちど7歳の目で世界を・・・」というコンセプトからつけられました。

熱中小学校は「まちづくり=人づくり」と考え、地域の人材育成・異業種間交流・地域間交流・特産品開発などに取り組んでいます。IT企業などの社長、大学教授、デザイナー、技術者などの豪華な教諭陣が様々なトピックの講義を行い、他力創発を図ります。

年齢、経歴、国籍を問わず新価値創造をめざす寺子屋への参加を広く募ります。起業をめざす人、人脈を作りたい人、全国と繋がりたい人、ぜひご参加ください。

新着情報

次回 講師プロフィール

杉山 智之

杉山 智之

 1972年に本田技術研究所入社。
研究所の開発責任者として‘90M初代インスパイア、‘91M二代目レジェンド、オールホンダの開発責任者として‘94年五代目アコード、‘95M初代オデッセイ、‘95M初代アジア向けシティー、‘97M五代目プレリュード、‘01M七代目シビック、‘01M初代ストリーム ‘02M四代目インテグラ等を手がける。
地方都市では人々の移動手段としてクルマは欠かせません。
また愛車という言葉が有るようにクルマは人から愛される総合工業製品です。
最新技術を盛り込んで世界の人々から愛される製品を日本人の知恵と努力で造り上げる事の大切さを伝えたいと思っています。

高橋 明子

高橋 明子

亜細亜大学都市創造学部非常勤講師

90年代半ば、東京のシンクタンクより出向して、大分県(ハイパーネットワーク社会研究所、ニューコアラ事務局)にて創生期の地域情報化関連業務に従事。以来、一貫して地域づくり、地域情報化をフィールドとしている。シンクタンク勤務を経て、総務省地域情報化アドバイザー/同地域人材ネットアドバイザーとして、中山間地域を含む各地の地域メディアづくりの実践を推進。2018年よりエンパブリックに参画し、市民参画による地域づくりに関与。
地元の東京都杉並区では、身近な暮らしや地域のことを住民自身が発信する「住民ディレクター活動」や、すぎなみ大人塾地域コース学びの案内人などを務め、地域の魅力を住民自身が再発見し伝える活動を展開中。

銚子スポーツタウン
さるだ学集館
熱中小学校